葬儀のマナーを学んで間違った電報を送らないようにしよう

突然の訃報を聞いてショックを受けているだけではいけません。時間は待ってくれないため、次のことを考えて行動していく必要があります。亡くなった人の葬儀はすぐに行われるケースが多いため、スケジュールの調整が難しくなります。どうしても葬儀に参加できないといった時には弔電を送り自分の気持ちを葬儀会場に届けるようにしましょう。

お悔みの言葉については知っておかないといけないことがたくさんあります。日常的な文章をそのまま持ってきて書いて送れば問題ないと思ってはいけません。故人や喪主の家族に関しても細かく呼び名は決まっているため知らないまま電報を打ってしまうと恥をかいてしまいます。お悔み電報における最低限のマナーと忌み言葉の存在を理解しておくとまず失敗をするということがなくなります。言葉遣いを間違えないようにするために例文が用意されていますので参考にしたりそのまま使ったりしてみてください。

お悔み電報を送ったことに満足しないで、直接線香をあげに行く時間もそのあとで作ってみるように心がけてみましょう。故人の葬儀を通じて家族同士の絆を深めることもできます。葬儀全体のマナーも把握したうえで失礼のないような電報を送ってみるようにして下さい。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>